ブログ一覧 角質ケア

かかとの角質を削る方法(セルフケア)

かかとの角質を自分で削る方法(セルフケア)

フットケアサロンでお金をかけるほどじゃない。

でも自分でかかとの角質をきれいにしたい方、必見!

H29.11月の道新(北海道新聞)折り込みの生活情報誌『札歩路』で

札歩路画像

札歩路画像

当店のオーナー技術者(つまり私♥)が取材を受けた、冬のかかとケアにも掲載された、かかとの角質を自分でツルツルにケアする方法を、より詳しくご紹介します。

かかとの角質 セルフケアに必要なもの

必要なモノ

1.保湿クリーム(ハンドクリームやボディークリームなど。尿素配合のものや、(角質を柔らかくする効果がある)ビタミンEの入ったものがおススメ(血行を促進するので、代謝がよくなり、皮膚のターンオーバー→つまり新しい皮膚が作られるのを促す)

2.フットケアファイル(角質用やすり)※軽石は、荒いので、皮膚を傷つけやすいのでおすすめできません。

3.ラップ

4.靴下

かかとの角質を自分で削る実際の方法(セルフケアの実際)

ポイント

1.乾燥している状態か、濡れていたらタオルで足を拭いてからフットケアファイルで、あまり力を入れすぎず、なるべく同じ方向に角質を削る。

乾燥しているほうが、力を入れずに角質を削れます。削る前と比べて、少し柔らかくなっていたらやめる。一度でムリに削らず、皮膚を傷つけないように、数日かけて少しずつ削りましょう。

2.クリームを塗りましょう。クリームは、皮膚の線(指紋やしわ)に沿って塗ります。指の間は塗りません(潤うことで、指の間は水虫になりやすくなるため)爪にも塗ると、爪の乾燥予防になります。

3.かかとのガサガサがひどい場合は、30分~1時間くらいラップを巻いておくのも効果的です。

4.クリームの成分を浸透させるため、また床について取れたりベタベタしないように、寝るまで靴下を履いて過ごしましょう。

 

それでもかかとの角質がツルツルにならない場合は?

フットケアのプロに一度きれいにしてもらうとよいと思います。

ガサガサ、カチカチのかかとには、クリームを塗ってもなかなか浸透しません。

一度リセットすることで、自分でかかとをきれいに保ちやすくなります。

それでもやっぱり角質がきれいにならない場合は??

角質増殖型水虫かもしれません。

この水虫は、比較的、かかとが白っぽく粉を吹いたように見え、よく探すと足裏や足の指の間など、どこかに皮むけがあるかもしれません。

皮膚科での治療が必要ですので、早めに受診しましょう。

申し込みフォームバナーボタン

-ブログ一覧, 角質ケア
-, , ,

© 2021 魚の目・巻き爪・角質 専門 ナチュエイド Powered by AFFINGER5