巻き爪|病院での治療とはココが違う

巻き爪|ナチュエイドは病院での治療や手術よりどこ優れているのか

病院(主に、皮膚科や形成外科)の巻き爪矯正の治療とは違います。

・痛くない

・月に一度の付け替えだけ

・透明なので、目立たない

・根元から補正できるので繰り返しにくい

 巻き爪矯正画像巻き爪を治した画像

・世界特許取得のペディグラス巻き爪補正

・ほとんどの場合、装着してすぐに痛みから解放

・親指以外の小さな爪にも装着可能

病院での巻き爪矯正治療や手術は、どんなことをするのか

病院での治療は、主にワイヤーを爪の端2か所に穴をあけてワイヤーを通して矯正する、ワイヤー矯正が主流です。(ほかにも、クリップ法・VHO式等があります)

病院での巻き爪治療は、ワイヤー矯正以外に手術もあります。巻き爪になり、指に食い込んで痛みがあるところを切除し、巻き爪の部分が生えてこないようにする薬液で処置したり、巻き爪の痛みから解放するために、爪そのものを抜いてしまう場合もあります。しかし、その方法では、足の指に力が入らなくなって歩きにくくなったり、足の爪が生えてこないような薬を使っても、しばらくすると生えてきてまたその部分が巻き爪になってしまう場合も多いのが現状のようです。そして、新しく生えてきた爪が分厚かったり、変な方向に生えてきたりして、再びトラブルを起こしてしまうこともあるようです。

見た目にも悪くなることがあるようです。

また、歩き方が悪くなり、足に他のトラブル(タコ・魚の目・外反母趾・かばって歩くために腰痛になる等)が起きてしまう可能性もあります。

病院で巻き爪の治療をけることで、巻き爪の痛みからは解放されます。しかしそれだけでは巻き爪の再発防止には、十分ではありません。

巻き爪の原因・巻き爪の予防方法、巻き爪に良い靴の選び方、巻き爪を予防する歩き方の指導

ここまでやって初めて、巻き爪を繰り返さない。を目指せます。

しかし、ほとんどの病院やフットケアサロンでは、巻き爪の治療・手術やケアをするだけで、ここまで行われないのも現状です。

実際、セルフケアと靴の選び直し、オーダーインソールの仕様だけでも改善する場合もあります。

 

当店では、巻き爪の補正技術はもちろんですが、巻き爪の原因を追究し、歩き方(ウォーキングレッスン料金別途)指導、靴の選び方、オーダーインソール作成を行うことでもう来なくていいように、巻き爪を繰り返さない指導に力を入れています。

お問い合わせ・お申込みはコチラ★

ご予約可能日はコチラ★

メニューと料金はコチラ★

オーダーインソール(中敷き)作成はコチラ★

アクセスはコチラ★

 

巻き爪の原因

1.合わない靴

足の爪を圧迫するような、窮屈な靴は巻き爪の原因になります。

他にも、外反母趾・内反小趾といった、様々な足のトラブルを作りやすくします。また、緩い靴も、靴の中で足が前に滑り、足の爪が中で圧迫され、巻き爪になる原因になります。

2.足の爪の伸ばしすぎ

足の爪の白い部分は、水分、栄養が行き渡っていない部分です。

そのため、乾燥しやすく巻き爪になりやすくなります。

また、加齢とともに爪に厚みが出てきます。

歩く機会も減り、足の指に体重がかからないことで、爪に下からの圧力がかからないのも、巻き爪の原因になることがあります。

逆に、爪を切りすぎて深爪になった状態は、歩く事で足の爪の周りの皮膚が爪の縁から押し上げられ、爪の周りの皮膚が盛り上がって、足の爪を皮膚に押し込んでしまうことがあります。この状態を、陥入爪(かんにゅうそう)といいます。

3.加齢

肌と同じく、年齢を重ねると足の爪も乾燥しやすくなります。

乾燥すると縮むので、巻き爪になりやすくなります。

4.体重の増加

体重の増加も、足の爪への無理な圧迫で巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)になることがあります。

陥入爪は、足の爪が、周りの皮膚よりも下に落ちくぼんだ状態をいいます。

陥入爪は爪切りが困難なので、爪の端にトゲのようなものができて化膿することがあります。

ひどくなると激しい痛みを伴います。

5.遺伝

巻き爪になるすべての原因を排除して長期間巻き爪補正を行っても、新しく生えてくる足の爪が巻き爪になる場合があります。

もし、健康状態に問題がない場合は、遺伝的な巻き爪が疑われます。

6.足の爪の疾患

爪水虫(爪白癬)になると、分厚くなり、巻き爪になりやすい傾向があります。

 

巻き爪の予防

巻き爪になりにくい、靴の選び方

・靴の中で、足指が動くものを選ぶようにしましょう。(緩すぎる靴も、靴の中で前滑りを起こして足の爪が圧迫され、巻き爪になりやすくなります。)

・パンプスの場合、ヒールはできれば3センチ以内。なるべくスニーカーを履きましょう。

・足の指まで使って歩くようにしましょう。(ご希望の方は、ウォーキングレッスンを行います)

巻き爪になりにくい、正しい切り方

・爪切りは、爪切りの刃がカーブしていない、まっすぐなタイプのものがお勧めです。

・足の指先から1.5~2ミリ後退した長さで横にまっすぐ切り、角は少し落とす。

・爪にも、保湿クリームやキューティクルオイルを塗り、乾燥予防をする。

・水虫にならないよう、毎日足を洗い、清潔なタオルで拭きましょう。

・爪水虫や足の爪の周りや皮膚が化膿している場合は、皮膚科を受診し治療を受けましょう。

 

巻き爪ケアを受けたお客様の声・口コミ

札幌市O様

どうして巻き爪になるのかの説明と、予防方法も詳しくわかりやすい。取り付けた器具もほとんど目立たなく、すごい!!勉強になった。の一言です。

長年の痛みからも解放されました。

 

巻き爪ケアの料金

/巻き爪 ※消費税別途

月に一度の付け替えで、改善ごとにお値段が下がります。巻き爪矯正画像

状態により、補正完了までにかかる期間が異なります。

(補正器具1ヶ所の料金)

初回衛生処理 1,000円
軽度 5,000円
中度 6,000円~7,000円
重度 8,000円~
補助上げ (1枚の器具で両側を一度に上げること) 片側料金+2,000円
メンテナンス (器具を取り換えずにメンテナンスだけを行う) 1本 2,500円
継続補正 (補正が完了し、原因を排除しても巻き爪になってしまう) 1本 3,000円

割れ爪ケア 3,000円

お問い合わせ・お申し込みとご予約可能日

お問い合わせ・お申込みはコチラ★

ご予約可能日はコチラ★

メニューと料金はコチラ★

有料メール相談はコチラ★

アクセスはコチラ★

投稿日:2016年10月19日 更新日:

Copyright© 足裏の痛み・足の爪の痛み・かかと角質 専門 ナチュエイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.