ブログ一覧 子どもの足

子供の足に良い、靴の選び方。サイズの見極め方。

投稿日:2017年1月12日 更新日:

足に良い子供の靴の選び方。サイズが子供の足に合っているかのチェックの仕方

我が家の長女。クラスでも一番前の小柄ちゃんですが、今年になって身長が伸びるスピードが早くなってきました。

そして靴のサイズも!!

春休みに買い替えた上靴が、夏休みにはサイズアウト。

夏休みに買い替えた上靴が、冬休みにサイズアウト。

でも、サイズアウトかどうかって、どうやって見分けるのか?

子供の靴がキツイかどうかという感覚は、4年生くらいになれば、わかるかもしれないけど、もっと小さい子供は?

うちには5歳と2歳の子供もいますが、特に2歳は、

小さい?と聞けば、「うん。」

大きい?と聞けば、「うん。」

大丈夫?と聞けば、「うん。」

と、いう具合に、本人の感覚では全くわかりません(^^;;。

また、子供の足はまだ硬い骨になりきっていない未発達な軟骨が多く、足部の関節が柔らかいので、キツくても履けちゃう、履いちゃうんです。

子供には、

くつの大きい、小さい、丁度いい

は本人が分かっていないことが多いという事なんです。

そして、子供の足は春から秋にかけて大きくなりやすいそうです。

そこで、長女の上靴チェック!!

インソールを出してチェックするのが簡単!!

このように、足指のあとが残っているので、そこのラインで判断できます。

写真のとおり、ギリギリ。いや、オーバーかな?

本人に聞くと、「なんか痛いと思ってた。」

そうです。

そこで、新しく購入。

子供の足に良い、靴の選び方は

  • 捨て寸0.5~1センチ(中で足指が丁度よくうごく)
  • 足指と同じあたりで靴も曲がる(足指を使って、歩ける=しっかりした土踏まずや足部アーチの形成)
  • 硬いかかと(歩行時に踵が着地した時のぐらつきをサポートする)

合わない靴を履いていると、足のトラブルにつながります。

・緩い靴=ハンマートゥ、外反母趾、巻き爪

足指が靴の中で脱げないように頑張ってしまうため、足の親指以外の指が、上向き肉の字に曲がる。中で足が前滑りして外反母趾や、巻き爪にもなりやすくなる。

・きつい靴=ハンマートゥ、外反母趾、巻き爪

きついため足指が伸びずに、靴の中で足指がつかえて、上向きにくの字に曲がってしまう。

靴の中で足指や爪が圧迫されるので、待外反母趾や巻き爪になりやすい。

これらのハンマートゥは、足指が床につかない浮指という状態になり、日常生活でも足指を使って歩かないため、土踏まずの形成がされにくく、偏平足になりやすくなります。

偏平足になると、常に土踏まずが地面に接地しているので、血管が圧迫され続け循環が悪くなり、足がむくみ、疲れやすくなります。

また、歩いた時にクッションの役割をはたしにくいため、

我が家の子供の靴選び

我が家では、アシックスか、ニューバランスを選ぶことが多いです。最近は、5歳の子供の上靴は、ミズノにしています。

元々ついているインソールの性能がいいからです。

歩行時や走る時に、自然と足指に体重が乗りやすい作りになっています。

また、ベルトが二本タイプなので、足の甲の調節がしやすくなっています。

アシックスもよく選びます。

 

春休み、夏休み、冬休みには、必ずインソールを出して足の指の跡でサイズのチェックをしてみてくださいね。

子供の足の健康は、よく外で遊ぶことと、正しい靴選び。

子供の足の健康は、親の責任です。

お問い合わせ・お申込みはコチラ★

ご予約可能日はコチラ★

メニューと料金はコチラ★

魚の目はコチラ★

巻き爪はコチラ★

タコはコチラ★

かかとの角質はコチラ★

オーダーインソール(中敷き)作成はコチラ★

アクセスはコチラ★

 

-ブログ一覧, 子どもの足
-, ,

Copyright© 足裏の痛み・足の爪の痛み・かかと角質 専門 ナチュエイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.