ブログ一覧 角質ケア

足裏の乾燥とセルフケア

投稿日:2017年2月3日 更新日:

足裏の乾燥は、セルフケアをした方がきれいを維持できる

どんな足でも大丈夫。札幌市中央区。元看護師のフットケアサロン、ナチュエイドの鈴木あつこです。

年が明けて、あっという間に2月!!我が家でも豆まきをしました。

冬本番。寒くなってくると代謝も悪くなり、乾燥もしやすくなるので、足裏がガサガサになりやすいのです。

以前お越しになったお客様。何年も前から綺麗にしたいと思っていたそうです。ご本人の許可をいただきましたのでお写真を。

「とても軽くなった。すっきりして気持ちいい。ずっと触っていたい」と言っていただきました。

かかとがさがさ 画像    足先 角質

かかと 角質     足先 角質

セルフケアの方法

・かかとには、皮脂腺という皮膚を滑らかにする油分を出す腺がありません。そのため、乾燥しやすくなっています。また、皮膚が新しく生まれ変わる、ターンオーバーが、足の裏の場合他の皮膚よりも遅いので、乾燥して、角質が厚くなりやすいのも原因になります。

そこでセルフケアが有効になります。

方法

1、かかと用のやすりで、足をぬらさない状態で角質をこすって落とす。この時、一気に取ろうとはせず、2~3日で、少しずつ落としてゆく感じで。やすりは、往復させずに、同じ方向で動かす。

2、入浴後、足が水分で潤っているうちに、すぐ保湿クリームを塗る。保湿クリームは、尿素(角質を柔らかくしてくれる働きがある)やビタミンE(血流をよくする)が入っていると良いが、お手持ちの乳液やハンドクリームなどでもよい。とにかく、早めに15分以内くらいには塗りましょう。

3、足の指の間は、水虫になりやすくなってしまうので、塗らない。ついでに爪にも塗ると乾燥を防ぎ、巻き爪予防にもなる。

4、クリームを塗ったら、30分くらいは靴下を履いて過ごしましょう。(私はねるまではいています)

足の乾燥でかかとの角質がひどい方は、インソールがオススメ

かかとの角質は、かかとの骨を守ろうとして、皮膚が外側に厚くなってゆくものがそもそもの原因です。ひどい角質の方は、無意識に重心がかかとによっている場合が多いのも事実です。このような方は、かかとによっている重心をバランスを取ろうとして、膝が少し曲がっていたり、姿勢が悪く、中にはそのせいで腰が痛い方や、肩こりがひどい方もいらっしゃいます。

かかとの角質がかなりガサガサの方は、実際ほとんどこの状態です。

かかとに重心が寄ってしまう原因は、足部の骨のゆがみにあります。

オーダーメイドインソール作成★で、インソールを入れた靴を履いて歩くことで、足部の骨のゆがみが正しいポジションに導かれ、体の土台である足部が整うことで、自然と重心バランスや姿勢がよくなり、かかとの角質だけではなく、腰痛や肩こりまで楽になる効果が期待できます。

建物の基礎が悪いと、上の建物が傾くのと同じです。

お問い合わせ・お申込みはコチラ★

ご予約可能日はコチラ★

メニューと料金はコチラ★

魚の目はコチラ★

巻き爪はコチラ★

タコはコチラ★

かかとの角質はコチラ★

オーダーインソール(中敷き)作成はコチラ★

アクセスはコチラ★

 

 

 

 

 

-ブログ一覧, 角質ケア
-, ,

Copyright© 足裏の痛み・足の爪の痛み・かかと角質 専門 ナチュエイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.