痛い靴

ローファーが痛い(指定靴問題)

投稿日:2017年5月6日 更新日:

ローファーが痛いんです。何とかする方法。

中学生の娘さんの学校が指定の靴があり、どうしても合わなくて、絆創膏だらけの足で通学しているとのご相談でした。

学校で校売でも販売している指定の靴がコレ!

HARUTAのローファー

今も昔も、学生の定番ローファーといえば、HARUTAのローファー。

私の通学していた高校も、そういえば、黒の革か、合皮という校則があり、私はHARUTAのローファーは少し高額だったので買ってもらえず、他の黒の合皮の靴を履いていた覚えがあります。

コチラの靴、サイズが22㎝、ワイズが2E。

それに対し、お客様の足は、21.2㎝。ワイズは2A~3A。

とっても華奢なんです。

ばんそうこうだらけで我慢して歩いていた原因は、もちろんあっていない靴。更に、靴のつくり。

本来、靴はかかとが地面についた時にぶれない様に、安定させるためかかと部分に芯が入っていてしっかり硬いものが望ましいのですが、

HARUTAかかと

完全にグニャグニャではないけれど、ちょっと強度に欠ける。

HARUTAつま先が固い

そして、歩いた時に足の指まで体重をかけて、蹴りだすために、足の指と同じところあたりで靴も曲がってほしいのですが、かなり力を入れても、曲がらない。

私の手首!!めちゃめちゃ浮き出てるでしょ!?かなり力を入れています。

くるぶし部分も靴に擦れて痛かったそうです。

最近は、自転車通学になったので、歩かない分少し楽なようですが、問題が解決したわけではありません。

ローファーが痛い理由

・足のワイズに対し靴のワイズが大きすぎる。→靴の中で足が動いて靴に擦れるため、靴擦れが起こりやすい

・くるぶしの高さに対して、靴の高さ(カウンターと呼ばれる靴の側面のこと)が高い。→くるぶしに靴が当たって痛い

・合皮なので、靴自体が固い。→足指を使って体重を乗せて歩きにくい→浮指になりやすい(地面に足指がついていない状態)→踏ん張りがききにくい。足指を使って歩きにくい。

・そもそもこの靴を履くと、あちこち痛かったため、痛みを我慢して歩く。靴自体が緩い。→靴の中で足指を無意識に曲げて歩く。足指に体重が乗らない歩き方(ペンギンのようにぺたぺた)→足指の付け根の下あたりにたこや魚の目ができやすくなる。親指以外の足指が上に向かって区の字に曲がる、ハンマートゥになる。(ハンマートゥになると、靴の中で足指がすれて、足指のタコや魚の目の原因になります)

どうすれば、痛いローファー問題は解決するのか?

・足に合ったローファーを履く

(それができれば苦労しない)

じゃあ、すっごく欲を言えば、セミオーダーのローファーを作るのが一番いいと思います。札幌なら、三越2階のハイコム。1か月後に完成で、3万くらい∼です。

「そんなの、高い!!高すぎるでしょっ!!学校で指定されてるし。ムーリー。」

という方は、本革がオススメ。本革なら、履いているうちに、ぶつかって痛かったところも、徐々に足になじんでのびてくれます。他にも、器具を使って(ポイントストレッチャー)のばすこともできます。

「わかるけど!!とにかく、指定の靴で何とか履けるようにしたい!!」というなら、インソールでの調節がお勧めです。

と、いうわけで、

ローファー用インソール

まだ途中ですが、ぶつかって痛いくるぶしを、インソールの厚みで上に持ち上げることで、当たらなくなる=痛くなくなる。

そして、インソール効果で、体重が足指までスムーズにかかりやすくなるので、歩きやすくなります。

今回、足先までベースのインソールを入れると、足指が靴にあたってきつくなっていたくなるのが目に見えたので、足先の方はあえて入れずに中央位でカットし、靴の中底に自然にフィットするように削って加工します。

今回、お客様のお母さまよりご相談いただきましたが、その会話の中で、

「指定の靴だから、痛くても、諦めて我慢している人ってたくさんいると思います。」

とおっしゃっていました。

そこで、私もいろいろ調べてみましたところ、ローファーで悩んでいる方がすっごく多くてびっくりでした。

指定の靴。学校としては、品位とか、いろいろあるんでしょうが(私の高校もそうだったので)。

 

プロとして一言、言いたい。

子供の足のこと、ちゃんと勉強してほしい。指定にする意味は、子供のためではなく、学校の都合でしかないはずです。

かわいそうだから、本当に、やめてください!!

日本の足教育、靴教育は、欧米に比べて100年遅れているといわれています。

教育の現場である学校が、まず率先して、足に良い靴を指定する。靴の選び方を指導する。くらいになってほしいものです。

足のトラブルが、将来、歩行困難につながったり、出不精になってしまったり、糖尿病の患者さんが、足のトラブルから足を切断しなければならなくなったり。(なぜそうなるかという話は、またいずれ)足って本当に大事なんですよ。

ご予約可能日はコチラ★

お問い合わせ・お申込みはコチラ★

アクセスはコチラ★

サロン概要はコチラ★

 メニューはコチラ★

 

 

-痛い靴
-, ,

Copyright© 足裏の痛み・足の爪の痛み・かかとケア 専門 ナチュエイド , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.